Webをキャプチャして変換するツール

キャプチャをAmazon S3、FTPなどにエクスポート

GrabzItは、キャプチャのAmazon S3、Dropbox、FTP、およびWebDavへのエクスポートをサポートしています。 開始するには、目的のエクスポート方法の資格情報を取得して入力します into以下のフォーム。 次に 生成する GrabzItのAPIで使用できるエクスポートURLを作成するボタン。 ただし、DropBoxにエクスポートする前に、 GrabzItを許可する アカウントを使用します。

エクスポートURLを使用する

上記のエクスポートURLを生成すると、以下で現在サポートしているすべてのプログラミング言語について、キャプチャのエクスポートの例が表示されます。

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー を save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
ImageOptions options = new ImageOptions();
options.ExportURL = "dropbox://";

grabzIt.URLToImage("http://www.spacex.com", options);
grabzIt.Save("http://www.example.com/Home/Handler");

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー を save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
ImageOptions options = new ImageOptions();
options.setExportURL("dropbox://");

grabzIt.URLToImage("http://www.spacex.com", options);
grabzIt.Save("http://www.example.com/handler");

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 以下に示すように、onfinishイベントを使用してIDにアクセスできます。

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/@grabzit/js@3.4.7/grabzit.min.js"></script>
<script>

GrabzIt("Sign in to view your Application Key").ConvertURL("http://www.spacex.com", 
{"onfinish": function (id){
	alert(id);
}, 
"export":"dropbox://"}).Create();
</script>

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー を save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

var grabzit = require('grabzit');

var client = new grabzit("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
var options = {"exportURL":"dropbox://"};

client.url_to_image("http://www.spacex.com", options);
client.save("http://www.example.com/handler", function (error, id){
    if (error != null){
        throw error;
    }
});

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー を save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

$grabzIt = GrabzItClient->new("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
$options = GrabzItImageOptions->new();
$options->exportURL("dropbox://");

$grabzIt->URLToImage("http://www.spacex.com", $options);
$grabzIt->Save("http://www.example.com/handler.pl");

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー を save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

$grabzIt = new \GrabzIt\GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
$options = new \GrabzIt\GrabzItImageOptions();
$options->setExportURL("dropbox://");

$grabzIt->URLToImage("http://www.spacex.com", $options);
$grabzIt->Save("http://www.example.com/handler.php");

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー を save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

grabzIt = GrabzItClient.GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret")
options = GrabzItImageOptions.GrabzItImageOptions()
options.exportURL = "dropbox://"

grabzIt.URLToImage("http://www.spacex.com", options)
grabzIt.Save("http://www.example.com/handler.py")

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー を save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

grabzIt = GrabzIt::Client.new("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret")
options = GrabzIt::ImageOptions.new()
options.exportURL = "dropbox://"

grabzIt.url_to_image("http://www.spacex.com", options)
grabzItClient.save("http://www.example.com/handler/index")

Secure Export URLs

Sometimes you need to use a Export URL in the browser using the JavaScript API in those circumstances the username and password of your storage solution would be exposed. To get around this problem you can instead use a Secure Export URL. This will stop your username and password being exposed. If you want to manage Secure Export URL's you have created in the past you can do so in the application section of your account.