Webをキャプチャして変換するツール

キャプチャをAmazon S3、FTPなどにエクスポート

GrabzItは、キャプチャのAmazon S3、Dropbox、FTP、およびWebDavへのエクスポートをサポートしています。 開始するには、目的のエクスポート方法の資格情報を取得して入力します into以下のフォーム。 次に 生成する GrabzItのAPIで使用できるエクスポートURLを作成するボタン。 ただし、DropBoxにエクスポートする前に、 GrabzItを許可する アカウントを使用します。

エクスポートURLを使用する

上記のエクスポートURLを生成すると、以下で現在サポートしているすべてのプログラミング言語について、キャプチャのエクスポートの例が表示されます。

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
ImageOptions options = new ImageOptions();
options.ExportURL = "dropbox://";

grabzIt.URLToImage("http://www.spacex.com", options);
grabzIt.Save("http://www.example.com/Home/Handler");

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
ImageOptions options = new ImageOptions();
options.setExportURL("dropbox://");

grabzIt.URLToImage("http://www.spacex.com", options);
grabzIt.Save("http://www.example.com/handler");

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 以下に示すように、onfinishイベントを使用してIDにアクセスできます。

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/@grabzit/js@3.4.8/grabzit.min.js"></script>
<script>

GrabzIt("Sign in to view your Application Key").ConvertURL("http://www.spacex.com", 
{"onfinish": function (id){
	alert(id);
}, 
"export":"dropbox://"}).Create();
</script>

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

var grabzit = require('grabzit');

var client = new grabzit("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
var options = {"exportUrl":"dropbox://"};

client.url_to_image("http://www.spacex.com", options);
client.save("http://www.example.com/handler", function (error, id){
    if (error != null){
        throw error;
    }
});

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

$grabzIt = GrabzItClient->new("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
$options = GrabzItImageOptions->new();
$options->exportURL("dropbox://");

$grabzIt->URLToImage("http://www.spacex.com", $options);
$grabzIt->Save("http://www.example.com/handler.pl");

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

$grabzIt = new \GrabzIt\GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");
$options = new \GrabzIt\GrabzItImageOptions();
$options->setExportURL("dropbox://");

$grabzIt->URLToImage("http://www.spacex.com", $options);
$grabzIt->Save("http://www.example.com/handler.php");

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

grabzIt = GrabzItClient.GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret")
options = GrabzItImageOptions.GrabzItImageOptions()
options.exportURL = "dropbox://"

grabzIt.URLToImage("http://www.spacex.com", options)
grabzIt.Save("http://www.example.com/handler.py")

すべてのキャプチャは savedキャプチャのIDと一致するファイル名と、末尾にファイル拡張子を追加したもの。 ファイル名を取得するには、ハンドラーコードで必要な後処理を実行できるように、コールバックハンドラーパラメーターとおそらくカスタム識別子を指定する必要があります。

https://api.grabz.it/services/convert.ashx?key=Sign in to view your Application Key&export=dropbox%3A%2F%2F&customid=123&callback=https%3A%2F%2Fwww.example.com%2Fmy_handler&format=jpg&url=https%3A%2F%2Fspacex.com%2F

キャプチャは saveキャプチャのIDに一致するファイル名と、ファイル拡張子が末尾に追加されたd。 たとえば、PDFキャプチャを作成し、IDが返す場合 save 方法 12345だった場合、ファイルは12345.pdfとしてエクスポートされます。 ファイル名を取得する簡単なオプションは、 コールバックハンドラー save メソッドを呼び出して、ハンドラコードのファイル名を読み取ります。

grabzIt = GrabzIt::Client.new("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret")
options = GrabzIt::ImageOptions.new()
options.exportURL = "dropbox://"

grabzIt.url_to_image("http://www.spacex.com", options)
grabzItClient.save("http://www.example.com/handler/index")

セキュアなエクスポートURL

このような状況でJa​​vaScript APIを使用して、ブラウザーでエクスポートURLを使用する必要がある場合があり、ストレージソリューションのユーザー名とパスワードが公開されます。 この問題を回避するには、代わりにセキュアエクスポートURLを使用できます。 これにより、ユーザー名とパスワードの公開が停止されます。 過去に作成したセキュアエクスポートURLを管理する場合は、 申請セクション アカウントの。