Webをキャプチャして変換するツール

基本認証を使用するWebページのスクリーンショットをキャプチャする

URLの問題を回避するには、ユーザー名とパスワードの両方をURLエンコードする必要があります。

基本認証で保護されているWebページをキャプチャするには、URLを介して必要なユーザー名とパスワードを渡す必要があります。 基本認証プロトコルで使用するユーザー情報をエンコードするこの方法は、RFC3986 URL標準の一部です。

必要なURL形式を以下に示すだけで置き換えます [username][password] 基本認証で使用されるユーザー名とパスワード。

http://[username]:[password]@example.com/index.html

必要な基本認証資格情報を含むURLを作成したら、それを使用して、 API or スクリーンショットツール.

セキュリティ

もちろん、ユーザー名とパスワードが保存されるたびに、セキュリティ上の懸念が生じます。 これを緩和するために、スクリーンショットが撮られるまでURLにユーザー名とパスワードのみを保存します。int URLから削除されます。 通常、これはユーザー名とパスワードが30秒未満保存されることを意味します。

ユースケースで許可されている場合、セキュリティを強化する別の方法は、GrabzItが使用するためだけにユーザー名とパスワードを作成することです。 その後、必要に応じて、他のユーザーに影響を与えることなく、以降のすべてのアクセスを簡単にブロックできます。

さらに、セッションベースの背後にあるウェブページのスクリーンショットの撮影もサポートしています ログイン.