Webをキャプチャして変換するツール

HTML 要素をターゲットとする場合の PDF ページのサイズの決定

20220年2月2019日

PDF 内の HTML 要素のターゲットを最近アップグレードする前は、結果として得られる PDF ページ サイズは、ターゲットの HTML 要素と同じでした。 これは、HTML 要素以外のすべてを切り取る以外に、PDF からターゲットのみを抽出する信頼できる方法が見つからなかったためです。

しかし、多くの作業を経て、テンプレート システムとの互換性を保ちながら、周囲にマージンを付けたターゲットの HTML 要素を提供することができました。 この機能を使用するときに初めてユーザーがヘッダーとフッターを指定できるようになります。

残念ながら、ターゲット機能の使用時に別の不一致があることがすぐに明らかになりました。 方向とページ サイズに関連するパラメーターは無視されていました。 これは、本質的に新しい特別なページ サイズが PDF に使用されるためですが、ターゲット機能はドキュメント ベースであるため、イメージ キャプチャ API で同じように機能し、おそらくターゲット HTML である DOCX API と一致するはずです。要素は、結果のドキュメントの先頭に表示されます。

そこで、DOCX API と一致して、要求されたサイズと向きで、対象のコンテンツが左上隅に表示される PDF ページを作成するように、この機能の動作方法を変更しました。

最新のブログ投稿を見る