Webをキャプチャして変換するツール

バージョン3.2に含まれる多くの新機能

23 6月2017

ご存知かもしれませんが、数週間前にアンケートを送信し、キャプチャをAmazon S3に自動的にアップロードする機能が必要かどうかを尋ねました。

そのため、すべてのクライアントライブラリがまもなくAmazon S3、Dropbox、FTP、およびWebDavへのキャプチャの自動アップロードをサポートします。 これを行うには、作成する必要があります エクスポートURL その後、それをAPIに渡すことができます。

しかし、私たちはその間にいくつかの機能を追加することにしました!

最初の機能は 単一のHTML要素をキャプチャする Webページを画像に変換するときに現在利用できるのと同じ方法でPDFで。

次の新機能は、新しいwaitforパラメーターを使用して、HTML要素が表示されるまでキャプチャを待機できるようになったことです。 これは、Ajaxを使用してコンテンツを表示するWebページにとって理想的なソリューションです。

キャプチャのセキュリティを強化するために、GrabzItのAPIにリクエストを送信するときにSSL接続の使用を強制する機能も追加されました。

最後に、シンガポールを キャプチャサービスの新しい場所。 これにより、使用しているビジネスおよびエンタープライズユーザーのキャプチャがさらに高速化されます。 ジオターゲティング また、スクリーンショットを取得する新しい場所を開発者に提供します。 試してみるには、国パラメータに「SG」を渡すだけです。

この長所をいつでも手に入れることができますか? さて今を使用して JavaScript API、今後数週間で他のAPIの変更を展開します。 特定のプログラミング言語のリクエストがありましたら、教えてください。最初にそのクライアントAPIの更新を優先します。

最新のブログ投稿を見る