Webをキャプチャして変換するツール

PHPによる高度なスクリーンショット機能PHP API

GrabzItのPHP API 高度にカスタマイズ可能であり intしっかりと intoアプリケーション。 GrabzItの多くの内部動作を公開するため、GrabzItの使用方法を可能な限りカスタマイズできます。 これの2つの例は、既存のスクリーンショットのステータスを確認し、GrabzItがスクリーンショットを撮ったりコンテンツをキャプチャするときに使用するCookieを設定することです。

スクリーンショットのステータス

GetStatusメソッドを使用して、アプリがスクリーンショットのステータスを確認できるようにします。おそらく、まだ処理中か、キャッシュされて使用できる状態になっているかを確認します。

$grabzIt = new \GrabzIt\GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

$status = $grabzIt.GetStatus(screenShotId);

if ($status->Processing)
{
    // screenshot has not yet been processed
}

if ($status->Cached)
{
    // screenshot is still cached by GrabzIt
}

if ($status->Expired)
{
    // screenshot is no longer on GrabzIt
    // Perhaps output status message?
    die $status->Message;
}

Cookieについて

ほとんどのWebサイトでは、Cookieを使用して機能を制御しています。 ウェブサイトの機能のこの側面を制御できるようにするために、GrabzItでは、次のように独自のカスタムCookieを設定できます Cookieメソッド.

$grabzIt = new \GrabzIt\GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

// gets an array of cookies for google.com
$cookies = $grabzIt->GetCookies("google.com");

// sets a cookie for the google.com domain
$grabzIt->SetCookie("MyCookie", "google.com", "Any Value You Like");

// deletes the previously set cookie
$grabzIt->DeleteCookie("MyCookie", "google.com");

ダウンロードせずにキャプチャを表示する

キャプチャを表示する前にWebサーバーにダウンロードすることをお勧めします。 また、Webサーバーにダウンロードせずに、ユーザーのブラウザーに任意の種類のキャプチャを表示できます。 ただし、この手法が機能するためには、ユーザーはキャプチャが完了するまで待つ必要があります。

完了すると、によって返されたキャプチャのバイトを送信できます SaveTo 方法 応答とともに 正しいMIMEタイプ.

$grabzIt = new \GrabzIt\GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

$grabzIt->URLToImage("https://www.tesla.com");

header("Content-Type: image/jpeg");
echo $grabzIt->SaveTo();

上記の例でわかるように、ファイル名は渡されません SaveTo メソッドがキャプチャのコンテンツを返すようにするメソッド。