Webをキャプチャして変換するツール

Node.jsを使用したハンドラーNode.js API

説明

ハンドラーのデバッグに問題がありますか? 試してみて コールバックハンドラーテストツール。

ここで説明するハンドラーは、GrabzItスクリーンショットWebサービスからのコールバックを処理します。 このハンドラーのURLは、GrabzItに渡されます callBackUrl のパラメータ save 方法。 ただし、この手法は、インターネット経由でハンドラにアクセスできる場合にのみ機能します。

次のパラメーターは、GETパラメーターとしてハンドラーに渡されます。

  • id-スクリーンショットの一意の識別子。 get_result 方法
  • filename-スクリーンショットのファイル名。スクリーンショットの一意の識別子とファイル拡張子を組み合わせて自動的に作成されます
  • message-スクリーンショットの処理中に発生したエラーによるメッセージ
  • customId-任意 カスタムID 経由でGrabzIt Webサービスに渡されました save 方法
  • format-スクリーンショットの形式、たとえば「bmp8」、「bmp16」、「bmp24」、「bmp」、「csv」、「gif」、「jpg」、「json」、「pdf」、「png」、 tiff」、「webp」または「xlsx」
  • targeterror-1が返された場合、キャプチャターゲットに起因する問題のため、キャプチャに一般的なエラーが含まれています

GrabzItを除き、ハンドラーへのすべてのアクセスをブロックする場合は、これを使用します セキュリティ技術.

アプリケーションがローカルホストにある場合、このコールバックは機能しません。

この例は、エクスプレスを使用してGrabzIt Node.jsハンドラーを実装する方法を示しています。 これは、GrabzItサービスから渡された5つのパラメーターをキャプチャします。これには、に渡されるスクリーンショットの一意のIDが含まれます get_result 方法。

次に、このメソッドはスクリーンショットを返します。 saveスクリーンショットディレクトリのd。

var express = require('express');
var url = require('url');
var file = require('fs');
var grabzit = require('grabzit');

var app = express();

app.get('/handler', function (req, res) {
    var queryData = url.parse(req.url, true).query;

    var message = queryData.message;
    var customid = queryData.customid;
    var id = queryData.id;
    var filename = queryData.filename;
    var format = queryData.format;
    var targeterror = queryData.targeterror;

    var client = new grabzit('Sign in to view your Application Key', 'Sign in to view your Application Secret');

    client.get_result(id, function(err, result){
        if (err != null) {            
            return;
        }

        file.writeFile(path.join('public', path.join('results', filename)), result, 'binary');
    });

    res.end();
});