Webをキャプチャして変換するツール

Node.jsを使用した高度なスクリーンショット機能Node.js API

GrabzItのAPIは非常にカスタマイズ可能です。 2つの便利な機能は、 GrabzIt Node.js API 既存のスクリーンショットのステータスを確認し、スクリーンショットの作成およびコンテンツのキャプチャ時にGrabzItによって送信されるCookieをカスタマイズします。

スクリーンショットのステータス

スクリーンショットまたはキャプチャのステータスを確認するには、 get_status メソッドは、キャプチャがまだ処理されているか、キャッシュされているか、有効期限が切れているかを示すステータスオブジェクトを返します。

var grabzit = require('grabzit');

var client = new grabzit("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

client.get_status(screenShotId, function(error, status){
    if (status.processing){
        //screenshot has not yet been processed
    }

    if (status.cached){
        //screenshot is still cached by GrabzIt
    }

    if (status.expired){
        //screenshot is no longer on GrabzIt
        //Perhaps output status message?
    }
});

Cookieについて

多くのWebサイト機能は、Cookieによって制御されます。 GrabzItでは、以下に示すCookieメソッドを使用して、独自のカスタムCookieを設定できます。

var grabzit = require('grabzit');

var client = new grabzit("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

//gets an array of cookies for google.com
client.get_cookies("google.com", function(error, cookies){
});

//sets a cookie for the google.com domain
client.set_cookie("MyCookie", "google.com", {"value":"Any Value You Like"});

//deletes the previously set cookie
client.delete_cookie("MyCookie", "google.com");

ダウンロードせずにキャプチャを表示する

推奨されるキャプチャは、使用される前にWebサーバーにダウンロードされます。 最初にWebサーバーにダウンロードせずに、ユーザーのブラウザーに任意のタイプのキャプチャを表示することができます。

これを行うには、キャプチャが完了すると、oncomplete関数の返されたキャプチャのバイトを送信できます save_to 方法 応答とともに 正しいMIMEタイプ。 この例 url_to_image メソッドを以下に示しますが、どの変換メソッドでも機能します。

var grabzit = require('grabzit');

var client = new grabzit("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

client.url_to_image("https://www.tesla.com");
client.save_to(null, function(error, data){
    response.writeHead(200, {"Content-Type":"image/jpeg"});
    response.write(data);
    response.end();
});