Webをキャプチャして変換するツール

GrabzItのJavaScript APIパラメーターJavaScript API

GrabzIt JavaScript APIを使用すると、次のことができます。 スクリーンショットをカスタマイズする さまざまなパラメータを指定してキャプチャします。 下のフィルターから実行する操作を選択するだけで、使用可能なパラメーターが表示されます。これらはすべてオプションです。

  • フォーマット -スクリーンショット/キャプチャのフォーマット。
    • デフォルト:jpg
    • オプション:
      • bmp8
      • bmp16
      • bmp24
      • bmpファイル
      • csvファイル
        • CSVファイルは自動的にダウンロードされます。
      • GIF
      • HTML
        • HTMLファイルは自動的にダウンロードされます。
      • JPG
      • JSON
        • JSONファイルは自動的にダウンロードされます。
      • PDFファイル
        • PDFファイルは自動的にダウンロードされます。
      • DOCX
        • DOCXファイルは自動的にダウンロードされます。
      • PNG
      • ちょっとしたけんか
      • webp
      • XLSX
        • XLSXファイルは自動的にダウンロードされます。
  • address -HTMLコードを実行するURL。変換されるHTMLがCSSや画像などのリソースへの相対URLを使用する場合に役立ちます。
    • デフォルト:空
  • background -trueの場合、Webページの背景をPDFに含める必要があります
    • デフォルト:1
    • オプション:
      • 0 = PDFドキュメントにWebページの背景を含めないことを示します
      • 1 = PDFドキュメントにWebページの背景を含める必要があることを示します
  • background -trueの場合、Webページの背景画像をDOCXに含める必要があります
    • デフォルト:1
    • オプション:
      • 0 = DOCXドキュメントにWebページの背景画像を含めないことを示します
      • 1 = DOCXドキュメントにWebページの背景画像を含める必要があることを示します
  • bwidth -ピクセル単位のブラウザの幅
    • 警告この機能は現在ベータ版であり、一貫した結果が得られない場合があります。
    • デフォルト:1024
    • 最大:10000
    • 自動幅:-1 (-1を渡すと、 ブラウザの幅 文書の幅と一致します)
  • bheight -ピクセル単位のブラウザの高さ。
    • デフォルト:768
    • 最大:10000
    • 全長:-1 (-1を渡すと、Webページ全体のスクリーンショットが取得されます)
  • cache -このパラメータは、スクリーンショット/キャプチャをキャッシュするかどうかを指定します
    • デフォルト:1
    • オプション:
      • 0 =はそうすることを示します Studio上ではサポートされていません。 キャッシュされる
      • 1 =キャッシュされることを示します
  • cachelength -このパラメータは、スクリーンショット/キャプチャをキャッシュする時間を分単位で指定します
    • デフォルト: アカウントキャッシュの長さ 設定されている場合、またはパッケージのキャッシュ長
    • 最小:15
    • 最大:パッケージの最大キャッシュ長
  • country - スクリーンショット/キャプチャを取得する必要があります。
    • 警告この機能は現在ベータ版であり、一貫した結果が得られない場合があります。
    • デフォルト:現在の最速の場所
    • オプション:「SG」、「UK」、「US」
  • coverurl -PDFの表紙として使用されるWebページのURL
    • デフォルト:空
  • customwatermarkid -追加 カスタム透かし ファイルに
    • デフォルト:空
  • delay -ミリ秒数 スクリーンショットを撮る前に待つ
    • デフォルト:0
    • 最大:30000
  • displayclass -これを スクリーンショット/キャプチャ画像のクラス属性
    • デフォルト:空
  • displayid -これを スクリーンショット/キャプチャ画像のid属性
    • デフォルト:空
  • download -このパラメーターは、キャプチャをダウンロードするか、Webページに表示するかどうかを指定します
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 = Webページにキャプチャが表示されることを示します
      • 1 =キャプチャが自動的にダウンロードされることを示します
  • デュレーション -変換するビデオの秒単位の長さ intアニメーションGIF。
    • デフォルト:パッケージの最大長
  • encryption -キャプチャの暗号化に使用する暗号化キー。 JavaScriptでキーを作成する場合は、使用することをお勧めします 暗号化方法 代わりに この例.
  • errorid -これを エラーメッセージのid属性 スパン要素
    • デフォルト:空
  • errorclass -これを エラーメッセージのクラス属性 スパン要素
    • デフォルト:空
  • export - エクスポートURL キャプチャのエクスポート先も指定します。
  • filename -ダウンロードしたファイルのファイル名を上書きします
    • スクリーンショット/キャプチャがダウンロードされている場所でのみ有効
    • デフォルト:空
  • FPS -ビデオからキャプチャされる1秒あたりのフレーム数。
    • デフォルト:10
    • 最小:0.2
    • 最大:60
  • hd -trueの場合、画像 キャプチャは高解像度になります これにより、画像のサイズが2倍になります。
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 =高精細画像を作成
      • 1 =高精細画像を作成
  • height -結果のサムネイルの高さ(ピクセル単位)
    • デフォルト:ユーザーパッケージの最大の高さに収まるブラウザの高さの最大比率
    • 最大:パッケージの最大高さ
    • 全高:-1 (-1を渡すと、サムネイルの高さが縮小されないことを意味します)
  • height - 結果のドキュメントのカスタムの高さ mm単位
  • 高さ -結果のアニメーションGIFのピクセル単位の高さ。
  • hide - CSSセレクター 非表示にするWebページ内の1つまたは複数のHTML要素のうち、複数のHTML要素を指定して、各セレクターをコンマで区切ります。
    • デフォルト:空
  • includealltables -trueの場合、Webページ上のすべてのテーブルが抽出され、各テーブルが個別のスプレッドシートシートに表示されます。
    • XLSX形式でのみ利用可能
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 =すべてのテーブルが抽出されないことを示します
      • 1 =すべてのテーブルが抽出されることを示します
  • includeheadernames -真のヘッダー名がテーブルに含まれる場合
    • デフォルト:1
    • オプション:
      • 0 =ヘッダー名がテーブルに含まれないことを示します
      • 1 =ヘッダー名がテーブルに含まれることを示します
  • includeimages -trueの場合、Webページの画像をDOCXに含める必要があります
    • デフォルト:1
    • オプション:
      • 0 = DOCXドキュメントにWebページ画像が含まれないことを示します
      • 1 = DOCXドキュメントにWebページ画像が含まれることを示します
  • includelinks -リンクをドキュメントに含める場合はtrue
    • デフォルト:1
    • オプション:
      • 0 =ドキュメントにリンクを含めないことを示します
      • 1 =ドキュメントにリンクを含める必要があることを示します
  • includeoutline -真の場合 PDFブックマーク 含める必要があります
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 = PDFドキュメントにアウトラインが含まれないことを示します
      • 1 = PDFドキュメントにアウトラインが含まれることを示します
  • mergeid -キャプチャのIDを追加します 新しいドキュメントの最初にマージされた
    • デフォルト:空
  • mtop -ドキュメントページの上部に表示されるミリメートル単位のマージン
    • デフォルト:10
  • mleft -ドキュメントページの左側に表示されるミリメートル単位のマージン
    • デフォルト:10
  • mbottom -ドキュメントページの下部に表示されるミリメートル単位のマージン
    • デフォルト:10
  • mright -PDF文書の右側に表示されるミリメートル単位のマージン
    • デフォルト:10
  • media - PDFドキュメントのCSSメディアタイプ
    • デフォルト:Print
    • オプション:
      • 印刷物
      • 画面
  • noads - 真であれば 広告は自動的に非表示になります.
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 =広告を表示
      • 1 =広告を非表示
  • nonotify -すべての一般的に見つかったtrueの場合 Cookie通知は自動的に非表示にする必要があります.
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 = Cookie通知を表示する
      • 1 = Cookie通知を非表示
  • onerror - エラーが発生したときに呼び出される関数 または関数の名前。
    • デフォルト:空
  • onfinish - スクリーンショットが読み込まれた後に呼び出される関数 または関数の名前。
    • デフォルト:空
  • onstart - スクリーンショットの読み込み開始時に呼び出される関数 または関数の名前。
    • デフォルト:空
  • orientation -ドキュメントの向き
    • デフォルト:ポートレート
    • オプション:
      • 肖像画
      • 風景
  • pagesize -文書のページサイズ
    • デフォルト:A4
    • オプション:
      • A3
      • A4
      • A5
      • A6
      • B3
      • B4
      • B5
      • B6
      • Legal
      • 手紙
  • password - ドキュメントを保護するためのパスワード  
    • デフォルト:空
  • proxy - HTTPプロキシの詳細 ブラウザソフトウェアは、このキャプチャの作成に使用する必要があります
  • post -送信したい投稿パラメーター。 を使用することをお勧めします AddPostVariableメソッド 代わりに、これによりパラメータが適切にエンコードされることが保証されます。
  • quality - キャプチャの品質、JPGおよびGIFのデフォルトの圧縮は85%およびWEBP 80%です。 このパラメーターは、BMP、PNG、またはTIFF画像には影響しません。
    • 品質を下げると、ファイルサイズが小さくなり、ダウンロード時間が短縮されます。
    • デフォルト:-1
    • 最小:-1
    • 最大:100
  • 繰り返す -アニメーションGIFをループする回数。
    • デフォルト:0
    • 連続ループ:0
  • -trueの場合、アニメーションGIFのフレームが反転します
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 =アニメーションが尊重されないことを示します
      • 1 =アニメーションが反転されることを示します
  • requestas -使用したいユーザーエージェントのタイプ
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 = Webサイトの標準バージョンが返されることを示します
      • 1 =は モバイル版 ウェブサイトの
      • 2 = Webサイトの検索エンジンビューを返す必要があることを示します
      • 3 =基本的なブラウザのユーザーエージェントを使用してWebサイトのフォールバックバージョンを返す必要があることを示します
  • スピード -アニメーションGIFの速度。
    • デフォルト:1
    • 最小:0.2
    • 最大:10
  • start -変換するビデオの開始位置 intアニメーションGIF。
    • デフォルト:0秒
  • suppresserrors -エラー報告を抑制
    • スクリーンショットの結果がダウンロードされる場所でのみ有効
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 =エラーを表示
      • 1 =エラーを隠します
  • tabletoinclude -変換されるテーブルのインデックス。Webページ内のすべてのテーブルがWebページの上部から下部へと順序付けられていた
    • デフォルト:1
  • target -このパラメーターは CSSセレクター ターニングされるターゲットWebページ上の唯一のHTML要素の intドキュメントでは、Webページの他のすべての部分は無視されます。 一致するHTML要素が複数ある場合は、最初の要素が選択されます。
    • デフォルト:空
  • target -このパラメーターは CSSセレクターHTML要素 ページをめくるには int画像では、ウェブページの他の部分はすべて無視されます。 一致するHTML要素が複数ある場合は、最初の要素が選択されます。
    • デフォルト:空
  • target -テーブルの抽出に使用するWebページ内の唯一のHTML要素のID
    • デフォルト:空
  • transparent -trueの場合 画像キャプチャは透明でなければなりません。 これは、pngおよびtiff画像とのみ互換性があります。
    • デフォルト:0
    • オプション:
      • 0 =不透明な画像を作成
      • 1 =透明な画像を作成
  • templateid -追加 template ドキュメントのヘッダーとフッターを指定するID
    • デフォルト:空
  • title -PDFドキュメントにタイトルを付けます
    • デフォルト:空
  • waitfor -これは、HTML要素を指定します。 CSSセレクター。 要素が キャプチャが実行された状態。 一致するHTML要素が複数ある場合は、最初の要素が選択されます。 このパラメーターを使用すると、キャプチャが実行されるまで最大25秒待機します。
  • width -結果のサムネイルの幅(ピクセル単位)
    • デフォルト:ユーザーパッケージの最大幅内に収まるブラウザ幅の最大比率
    • 最大:パッケージの最大幅
    • 全幅:-1 (-1を渡すと、サムネイルの幅は縮小されません)
  • width - 結果のドキュメントのカスタム幅 mm単位
  • -結果のアニメーションGIFの幅(ピクセル単位)。