Webをキャプチャして変換するツール

Webサイトのスクリーンショットをキャプチャする、またはHTMLを画像に変換するASP.NET API

ウェブサイトの完璧な画像スクリーンショットを作成するか、次の機能を使用してHTMLを直接画像に変換します GrabzItのASP.NET API。 ただし、開始する前に、 URLToImage, HTMLToImage or FileToImage メソッド Save or SaveTo スクリーンショットを撮るには、メソッドを呼び出す必要があります。

基本オプション

Webページのスクリーンショットを撮るために必要なパラメーターは1つだけです HTMLを変換 int画像を 次の例に示すように、

grabzIt.URLToImage("https://www.tesla.com");
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.HTMLToImage("<html><body><h1>Hello World!</h1></body></html>");
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.FileToImage("example.html");
//Then call the Save or SaveTo method

画像のスクリーンショット形式

GrabzItのASP.NET APIは、JPG、PNG、WEBP、BMP(8ビット、16ビット、24ビットまたは32ビット)およびTIFFを含むいくつかの形式で画像のスクリーンショットを撮影できます。 画像のスクリーンショットのデフォルト形式はJPGです。 ただし、これらの状況の一部のアプリケーションではJPG画像の品質が十分ではない場合があります。画像のスクリーンショットには、品質とファイルサイズのバランスがとれるため、PNG形式が推奨されます。 以下の例は、PNG形式を使用して撮影された画像のスクリーンショットを示しています。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.Format = ImageFormat.png;

grabzIt.URLToImage("https://www.tesla.com", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.png");
GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.Format = ImageFormat.png;

grabzIt.HTMLToImage("<html><body><h1>Hello World!</h1></body></html>", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.png");
GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.Format = ImageFormat.png;

grabzIt.FileToImage("example.html", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.png");

ブラウザサイズ

ブラウザーサイズは、ほとんどすべてのタスクでデフォルトのブラウザーサイズで十分なので、ほとんどの場合、スクリーンショットをキャプチャするときに使用されるブラウザーウィンドウのサイズを指します。 ブラウザのサイズを設定するには、単に値を BrowserWidthBrowserHeight のプロパティ ImageOptions クラス。

画像サイズを変更する

画像のサイズを変更するのは簡単です。画像を歪めずに変更するのは少し難しいです。 プロセス全体を簡単にするために、これを使用することをお勧めします シンプルな画像寸法計算機.

画像の幅と高さをブラウザーの幅と高さ(デフォルトでは1024 x 728ピクセル)よりも大きくする場合、ブラウザーの幅と高さも一致するように増やす必要があります。

カスタム識別子

にカスタム識別子を渡すことができます 画像 次に示すメソッドを使用すると、この値はGrabzIt ASP.NETハンドラーに返されます。 たとえば、このカスタム識別子はデータベース識別子であり、スクリーンショットを特定のデータベースレコードに関連付けることができます。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.CustomId = "123456";

grabzIt.URLToImage("https://www.tesla.com", options);
//Then call the Save method
grabzIt.Save("http://www.example.com/Home/Handler");
GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.CustomId = "123456";

grabzIt.HTMLToImage("<html><body><h1>Hello World!</h1></body></html>", options);
//Then call the Save method
grabzIt.Save("http://www.example.com/Home/Handler");
GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.CustomId = "123456";

grabzIt.FileToImage("example.html", options);
//Then call the Save method
grabzIt.Save("http://www.example.com/Home/Handler");

全長スクリーンショット

GrabzItを使用すると、Webページ全体のフルスクリーンのスクリーンショットを撮ることができます。これを行うには、-1を渡す必要があります BrowserHeight のプロパティ ImageOptions クラス。 画像がブラウザのサイズと一致するようにするには、-1を OutputHeightOutputWidth プロパティ。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.BrowserHeight = -1;
options.OutputWidth = -1;
options.OutputHeight = -1;

grabzIt.URLToImage("https://www.tesla.com", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.jpg");
GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.BrowserHeight = -1;
options.OutputWidth = -1;
options.OutputHeight = -1;

grabzIt.HTMLToImage("<html><body><h1>Hello World!</h1></body></html>", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.jpg");
GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.BrowserHeight = -1;
options.OutputWidth = -1;
options.OutputHeight = -1;

grabzIt.FileToImage("example.html", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.jpg");

トリミングされていないサムネイルを返すこともできますが、大きな画像が作成される可能性があることに注意してください。 これを行うには、-1を渡します OutputHeight および OutputWidth プロパティ。 -1が渡されたディメンションは切り取られません。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.OutputWidth = -1;
options.OutputHeight = -1;

grabzIt.URLToImage("https://www.tesla.com", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.jpg");
GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.OutputWidth = -1;
options.OutputHeight = -1;

grabzIt.HTMLToImage("<html><body><h1>Hello World!</h1></body></html>", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.jpg");
GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

ImageOptions options = new ImageOptions();
options.OutputWidth = -1;
options.OutputHeight = -1;

grabzIt.FileToImage("example.html", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.jpg");
ブラウザの幅が完全ではないことに注意してください!

これらの特別な値を使用すると、必要に応じてWebページ全体のフルスケールバージョンのスクリーンショットを作成できます。

ページ要素のスクリーンショットを撮る

GrabzItでは、次のようなHTML要素のスクリーンショットを撮ることができます。 div or span タグを付け、そのすべてのコンテンツをキャプチャします。 これを行うには、スクリーンショットを作成するHTML要素を CSSセレクター.

...
<div id="features">
	<img src="http://www.example.com/hot.jpg"/><h3>Heatwave Starting</h3>
</div>
...

以下の例では、idが「features」のdivを選択し、250 x 250px JPEGイメージとして出力します。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

// The 250 parameters indicates that image should be sized to 250 x 250 px
ImageOptions options = new ImageOptions();
options.OutputWidth = 250;
options.OutputHeight = 250;
options.Format = ImageFormat.jpg;
options.TargetElement = "#features";

grabzIt.URLToImage("http://www.bbc.co.uk/news", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.jpg");

次の例では、「機能」divの別のスクリーンショットを撮りますが、今回はdivの正確なサイズであるJPEG画像を出力します。

GrabzItClient grabzIt = new GrabzItClient("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

// The -1 indicates that image should not be cropped
ImageOptions options = new ImageOptions();
options.OutputWidth = -1;
options.OutputHeight = -1;
options.BrowserHeight = -1;
options.Format = ImageFormat.jpg;
options.TargetElement = "#features";

grabzIt.URLToImage("http://www.bbc.co.uk/news", options);
//Then call the Save or SaveTo method
grabzIt.SaveTo("result.jpg");