Webをキャプチャして変換するツール

ASP.NETでのスクリーンショットイベントASP.NET API

GrabzItのASP.NET API イベントもサポートします。以下にハンドラを割り当てる例を示します ScreenShotComplete スクリーンショットが呼び出される前のイベント。 次に、スクリーンショットが完了すると、内のコード grabzIt_ScreenShotComplete メソッドが呼び出されます。

private GrabzItClient grabzIt = GrabzItClient.Create("Sign in to view your Application Key", "Sign in to view your Application Secret");

protected void btnSubmit_Click(object sender, EventArgs e)
{ 
    grabzIt.ScreenShotComplete += grabzIt_ScreenShotComplete;
    grabzIt.URLToImage("https://www.tesla.com"); 	

    //The below line specifies the GrabzIt.ashx handler inside the GrabzIt.dll
    grabzIt.Save(HttpContext.Current.Request.Url.Scheme + "://" + 
    HttpContext.Current.Request.Url.Authority + HttpContext.Current.Request.ApplicationPath
    + "GrabzIt.ashx");
}

//The event method saves the screenshot
protected void grabzIt_ScreenShotComplete(object sender, ScreenShotEventArgs result)
{
    GrabzItFile file = grabzIt.GetResult(result.ID);
    file.Save(Server.MapPath("~/results/"+result.Filename));
}

最後にweb.configを設定して、GrabzIt.ashx pointに ハンドラ に埋め込まれた GrabzIt DLL。 これが適切に行われない場合 ScreenShotComplete イベントは発生しません。

これを覚えて 折り返し電話 アプリケーションがローカルホストにある場合は機能しません。

<httpHandlers>
        <add verb="*" path="GrabzIt.ashx" type="GrabzIt.Handler, GrabzIt" />
</httpHandlers>